チャンネルポイントを使って貰ったときに通知が欲しい!作成

こんばんは

夕方?に作り終えていたのですが体調が優れず休んでまして公開が少し遅くなりました。
今回はタイトルもちょっと検索にひっかかりやすそうなものにしてます。
Triggerfyreというサービスの紹介と設定方法の解説をしています。
チャンネルポイント気付かない!lioranboard難しい!という方是非どうぞ。

ではでは。

翻訳ちゃんFreeNextの導入・使用方法更新(2021/01/14)

こんにちは。

題名の件、手順を変えてみました。
以前のやり方だとconfigのどこをコピーすればいいの?
という質問が何度かあったので、じゃあファイルをまるっとダウンロードしようと思って、
ファイルを個別に用意するやり方から、ファイルをダウンロードしてconfigを編集するだけの形にしました。

既に導入済みの方には不要のでこれから導入する方のお役にたてればと思います。

ではでは

centosで翻訳ちゃんFreeNextを動かしてみた

こんばんは。

単純な興味からやってみました。
ただLinuxを普段使いしてる人なら余裕でわかるであろうことなので
普段使いしていない自分の為の使うかどうかわからないメモの羅列です。
OSはcentos8をVMに入れて、1からと思って最小構成でインストールしました。
そのためwgetのインストールを最初にしてたりとかします。
oauthキーは何かしらCUIでの取得方法あるのかもしれませんが、
調べるの大変そうだったので諦めて普通にブラウザで取ってきました。

1.rootへ昇格
su

2.wgetとpython3とgitのインストール
yum install wget -y
yum install python3 -y
yum install git -y

3.実行ユーザーに戻る
su ユーザー名

4.pythonにpipを入れる為のスクリプトを取得
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

5.pythonにpipをインストール
python3 get-pip.py

6.githubからコードをまるっとダウンロード
git clone https://github.com/sayonari/twitchTransFreeNext.git

7.クローンしたフォルダに移動
cd twitchTransFreeNext

8.pipでtwitchTransFN.pyに必要なモジュールをインストール
pip install google_trans_new
pip install requests
pip install gtts
pip install playsound
pip install twitchio

9.config.pyを編集
vi config.py

10.twitchTransFN.pyを実行
python3 twitchTransFN.py

これでcentosでも動きました。当然の結果ですね。

そんな感じのメモでした。ではでは。

翻訳ちゃんFreeNextの使用方法補足更新(2021/01/11)

こんにちは

題名の件、LimeChat2での読み上げないやり方を追加しました。
とはいえLimeChat2使ったことないのでスクリプトでの対応となります。
一応Readmeと解説ページの所に導入のやり方は書いておきましたが
わからないという方は掲示板やツイッターでご質問受け付けております。
スクリプトの導入方法ならなんとかわかりましたので。

ではでは。

翻訳ちゃんFreeNextの導入・使用方法更新(2021/01/10)

こんにちは

とある配信者さんが困っていらっしゃったのでサポートしていたのですが、
その中でconfig.pyの設定項目の間違いを見つけたので修正しました。

名前の表示部分と翻訳言語の表示部分の「'」は不要でしたので、
この2点をFalseにしている方で表示されてしまう方は「'」を削除してください。

同時に
翻訳ちゃんFreeNextコンフィグ作成ツール
も更新しましたので、ご入り用の方は再度ダウンロードをお願い致します。

また何か見つけ次第更新していきたいと思っています。

ではでは。

サイト内全ページ更新(2021/01/09)

こんばんは。

なんと!Twitchで自動翻訳といえばこれ!でお馴染み
さよなり様(
さよなりω🍣西村良太🚑🐤ゆび提出👆🥐🌿💛 (@sayonari) | Twitter
)にご認識頂き、更にご紹介まで頂いてしまいました!
嬉しくて仕方ありません!

と同時にミスもご指摘頂いたので全ページ更新致しました。
リンク切れがちょいちょいあったんですね…

という訳で掲示板、ばんばんご利用ください。

ではでは。

twitchのチャットログをディスコードに送る方法メモ

【ブラウザで検索してダウンロードしインストール】
Node.js
node-v10.16.0-win-x64

コマンドプロンプトで実行】
npm i tmi.js
npm i discord.js

スクリプトをダウンロード】
GitHub - github895439/twitch_chat_logging_bot

【翻訳BOTを作成&24時間稼働】
誰でも作れる!Discord Bot(基礎編)|EOi|note

【チャットログ受信用サーバーの作成】
とりあえず自分がオーナーでBOTが入ってるサーバー作っておく

全部終わったらダウンロードしたスクリプト
twitch_chat_logging_bot.js
の8、9、10、14、15、60、61行目を書き換え

BOT用twitchアカウント名> → TwitchのBOT用アカウントID
<twitch BOTのOAuthトークン(Webページにある先頭の「oauth:」も含めて)> → BOTアカウントで取得したOAUTHキー
<配信者のアカウント名> → ログとりたいチャンネルのID
<ロギングするdiscordサーバ名> → Discordでログ残すサーバー名
<discord BOTのOAuthトークン> → 翻訳BOTトーク
clientDiscord.guilds.find → clientDiscord.guilds.cache.find
guild.channels.find → guild.channels.cache.find

【必要に応じて(2021/01/10編集)】
起動するたびに「twitch_chat_log」というテキストチャンネルを削除し、新たに同じ名前のテキストチャンネルを作成し、TwitchとDiscordの両方に「準備できたよ」とチャットを送るので。こういうメッセージ要らない&配信のチャットログをずっと残しておきたい方は以下作業を実施してください。

テキストチャンネルを作成してメッセージを送信する作業を削除
不要な場合は68行目から99行目までを削除(BOTに必要な権限与えてる前提)

チャンネルを毎度毎度削除する作業を削除
※上の作業を実施した場合はこれやらないとチャットの保存先チャンネルが無くなりますのでご注意
63行目から66行目までを削除
※配信するたびにログ増え続けるので酷いことになるから一応出来るよって事だけメモ

後はディスコードのチャットログをJavaScriptでtxtか何かで保存する方法探したい所存。

自分用メモでした。ではでは。